生活費が底をついて一時的にお金が必要になりキャッシングを利用した細井(仮名)さんの体験談

30歳を気に自立する決心をした。
母はいつまでも実家にいてもいいと言ってはくれたが、30歳を過ぎたいい大人がいつまでも実家で両親の世話になるわけにはいかない。
一人暮らしをしてみてわかったのことはたくさんある。なかでも母の存在の大きさに気づいた。
買い物や食事の仕度、部屋の掃除に洗濯と毎日やらなければならないことはたくさんある。
家事をやるのは母の仕事。働いてないのだから当然の事という気持ちが心のどこかにあった自分が情けない。
母のありがたさにようやく気づいた。気づくのが遅くなった分人一倍感謝している。

また今月も生活費が足りなくなりそうだ。贅沢してるつもりはないが、いつも足りなくなってしまう。
キャッシングの世話になりそうだ。

そのうえ、今非常に洗濯機がほしい。
洗濯は休日にコインランドリーで済ませていたのだが、これがなんとも面倒でわずらわしい。
生活費を借りるついでに、洗濯機の分もキャッシングするか迷っている。
手間は一度に済ませたい。
ボーナスを期待して、乾燥機付きの洗濯機分もキャッシングすることにした。