いくらまで貸してもらえるの?

カードローンは種類によって、利用条件も異なってきます。
審査基準が厳しいところは誰でも利用できないというデメリットがありますが、その分金利は安く限度額もやや高めに設定されています。
審査基準は比較的緩く、アルバイトや主婦でも利用が可能なところもありますが、この場合はやや金利が高く利用限度額も低めに設定されています。
詳しいことは各業者やカードローンの種類によっても変わりますので、利用する前に詳細は確認しておくことをおすすめします。
今はインターネットでシミュレーションが出来るようになっているところも多く、自分の年収などで利用限度額もある程度シミュレーションできます。
ただしあくまでもシミュレーションなので、実際に審査をして決める限度額とは異なります。
さらにシミュレーションでは利用可能となっても、実際に審査をすると利用できない場合もあるのでここは注意も必要です。
大体の目安はわかるので、事前に確認しておくことをおすすめします。